女性にも多い薄毛と育毛剤

育毛剤の選び方~薄毛とその対策

薄毛と言えば男性に多いイメージがありますが、実は女性にも多いのです。女性ホルモンの影響で若い人でも薄毛で悩んでいる人は近年増加傾向にあります。そんな女性には女性専用の育毛剤を使用して、早めに薄毛対策をしましょう。

女性の薄毛の主な原因はこれでした

女性が薄毛になる原因で最も多いのは加齢です。理由は二つあり、一つは女性ホルモンの低下です。エストロゲンは30代後半から徐々に減少し始め、更年期になったときには男性ホルモンのほうが優位になってしまいます。二つ目は遺伝です。家系内の誰かが薄毛だった場合、絶対ではありませんが薄毛になる可能性は十分考えられるのです。また女性は加齢だけではなく妊娠出産という大きな仕事をします。妊娠中は妊娠を維持するためのホルモンが分泌されますが、産後は体が妊娠前の体になるために体が変化します。その過程で髪が抜けて薄毛になります。こうした症状が進行しないためにも育毛剤を早いうちから利用し、妊娠中や授乳中でも使用できるような育毛剤を選びましょう。

育毛剤は自分の症状に合ったものを選びましょう

育毛剤といっても様々な成分があり、自分の症状に合ったものを選ばなければ余り発毛効果を感じることができません。抗菌効果があるのはペパーミントやチョウジ、抗菌効果があるのはポタンピにセージ、血行促進効果があるものはシャクヤクエキスにトウガラシエキス、オタネニンジンなどです。毛穴が詰まって炎症が起こっている場合は抗菌効果や抗酸化作用の成分が配合しているものが良いでしょう。すべての薄毛や抜け毛に対応しているのは、血行促進作用や新陳代謝促進作用のあるものが良いでしょう。また市販の育毛剤はシリコンや界面活性剤、香料や着色料などの様々な添加物が配合されている場合があります。ドラッグストアで購入する場合は薬剤師の人に相談しましょう。

育毛剤にも医薬品と医薬部外品、化粧品の酸種類が存在します

商品を選ぶ際、パッケージを見ますと医薬品や医薬部外品、化粧品などの各項目に分かれていますが育毛剤も同様で医薬品、医薬部外品に化粧品の3タイプがあります、医薬品とは厚生労働省が薬として許可されたものの事を言い、確実な効果を期待できるものを言います。医薬部外品は確実な効果は証明されていませんが効能を明記することを許された商品です。忍耐への害も少なく、長期的に使用するのが理想です。化粧品は薬でもなく効能を証明するものもありません。一定の効果はありますが、殆どの人に対して使えます。医薬品においてはクリニック等で処方してもらう必要があります。医師や薬剤師などの専門家としっかりと相談したうえで使用しましょう。